アブラッソ(組み方)- タンゴレッスン【1】

GYUのタンゴコラム

サロンタンゴとショータンゴ

タンゴの踊り方は大きく分けて二つに分かれます。

一つは 劇場や映画などで見せる踊りのショータンゴ。
もう一つはミロンガやサロンなどで楽しんで踊るサロンタンゴです。

ここではサロンタンゴの踊り方を紹介します。

 

アブラッソ・パートナーと組む

アルゼンチンタンゴでは、組むことを「アブラッソ」と言います。
アブラッソの綴りは「Abrazo」スペイン語「Abrazar(抱擁する)」の名詞形です。

 

アブラッソの組み方

男性の左手に女性の右手が添えて男性が軽く握ります。
男性の左手は女性の背中、女性の右手は男性の二の腕もしくは背中に回します。

 

タンゴはアブラッソの踊りと言われます。
アブラッソがしっかりし、相手を心地よくする踊りができると早く上達します。

 

最初はサイドステップ

アブラッソを組んだ後、相手に意識を集中し音楽と一緒にサイド(横)へ一歩踊り出します。

この時 サイドへ踏む出すタイミングは男性のリードによって決められます。
リードは身体全体からアブラッソを通じて行われます。
方向は男性の左側、女性の右側になります。

その踏み出し方は、早いステップ、ゆっくりなステップ、より膝を深く曲げ足を一度後ろに振った後に踏みだすステップなど人それぞれ違います。

違う理由はタンゴ音楽の捉え方が人によって違うからです。
この違いが個性的なタンゴの踊りを作り醍醐味となります。

 

メロディーで踊る

その違いを生み出す原因は踊りがリズムだけではないことです。
他の踊りはリズムを基本として踊りますが、タンゴはリズムでも踊り、メロディーでも踊れることです。

メロディーで踊ることによりタンゴ特有の「溜め」や「間」ができます。
この溜めや間があることによりタンゴのリズムを浮き出させ、より強さや激しさの表現が際立ってきます。

 

 

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ