【No.16】ミロンガで開催されるコンテスト!

ブエノスアイレス ニュース

Campeonato Inter Milongas 直訳すると「ミロンガ間のコンテスト」とでも言うのでしょうか?

今年初めて行われたコンテストですが、開催曜日の違う複数(6つ)のミロンガが、同じコンテストを開くというものです。

参加ミロンガは、
El Escolazo ( 火曜日, El Fulgor de Villa Crespo );
Frutos Dulce ( 水曜日, Club Villa Malcolm );
Soho Tango ( 木曜日, Salón Canning );
La Baldosa ( 金曜日, Salón “El Pial );
Malena ( 土曜日, Club Sunderland );
y Floreal ( 日曜日, Club Ciencia y Labor ) で、3月から10月まで毎月予選が行われ、11月に準決勝、そして、12月に決勝が行われました。

カテゴリーは、タンゴ部門が2部門(18歳から45歳と46歳以上)、ミロンガ部門、ワルツ部門の計4部門に分かれています。
参加資格は、年齢以外は制限がなく、誰でも気軽に参加できる大会でした。

ちなみに私も、3月に時間があったので、エントリーして踊ってきました。
まあ、結果は聞かないでください。
他の参加者には、今年のブエノスアイレスチャンピオンや世界大会チャンピオンも出場していて、なかなかレベルの高い大会になっていました。

さて、12月7日にMalena(マレーナ、いつもは土曜日にスンデルランドで開催しているミロンガ)で行われた決勝では、4組のチャンピオンが誕生しました。

タンゴ部門(18歳から45歳)は、Agustina Paez & Sebastián Bolivar(アウグスティーナ パエス、セバスティアン ボリバール組)

 

タンゴ部門(46歳以上)は、Nina Chudova & Oscar Brusco(ニーナ チュドバ、オスカル ブルスコ組)

 

ミロンガ部門は、Ángela Meléndez & Rainier Pereira(アンヘラ メレンデス、ライニエール ペレイラ組)

 

ワルツ部門は、Valeria Grosso & Mariano Rossano(バレリア グロッソ、マリアーノ ロッサーノ組)

 

素晴らしいチャンピオンの誕生に心から拍手を送りたいと思います!
(来年も出てみようかな…)

 

 

ブエノスより

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ