9/22(Fri) スペシャルライブ!平田耕治&アリエルロペス

EVENT

TANGUERA Friday Milongaでスペシャルライブ開催

平田耕治&アリエル・ロペス・サルディール

Camba tangoとして ブエノスアイレスでもツアーを行った二人の共演

熱い思いを共有した最高のアンサブル!

古典、ピアソラそしてあの映画音楽まで

 

詳細

  • 入場料:¥3,000円(税別)
  • DJ: DJユニット【姐さんの使いっぱ】

 

アリエル・ロペス・サルディーバル(ギター)

ブエノスアイレス出身、1974年生まれ。
7歳から父親とギターを勉強し始め、その後コンセルヴァトワール、フアン・ホセ・カストロでイルマコスタンツォに師事。
アルゼンチン、スペイン、パラグアイの様々なコンクールで数々の賞を受賞。

パラグアイにおける22年の「アグスティン・バリオス」コンテストで優勝し、1998年にマドリードのコンテスト「ファンタクリスティーナ」のファイナリストでした。
レコレータ文化センター、プレジデンテアルベアル劇場などブエノスアイレスの名だたる劇場に出演。
アルゼンチン、パラグアイ、米国、シンガポール、ブラジル、フランス、イングランドとスペインの様々なホール、国立ラジオなどに出演。
テアトロ・コロン劇場のゴールデンホールでソロコンサートを行い、同劇場でマルタ・アルゲリッチ音楽祭に参加。

 

平田耕治 (バンドネオン)

横浜市出身。
逗子開成中・高等学校卒業。
洗足学園音楽大学・音楽音響デザインコース・作曲専攻卒業。
2009年ブエノスアイレス市立オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ卒業。

13歳でバンドネオンを始める。
16歳で単身ブエノスアイレスに渡り、故カルロス・ラサリ氏宅に住込みで師事。
翌年からネストル・マルコーニ氏、他にも併せて師事。その後、 日本では岡本昭氏、西塔祐三氏など日本の往年のマエストロに薫陶を受ける。
2005年、秋山和慶氏の指揮により洗足学園前田ホールにて「ピアソラ作曲:バンドネオン協奏曲」を演奏。これまでに、フランス、カナダ、ウルグアイ、韓国、シンガポール、タイ、中国などでも演奏。
アルゼンチンで結成した【CAMBAtango】は、2009年、2011年、2013年、2015年に日本ツアーを開催。
2010年アルゼンチン外務省派遣グループとして動員15万人を超すポルトガルのフェスティバル「フェスタ・ド・アバンテ」に出演。2014年9月外国人としては異例の2度目のアルゼンチン外務省の後援を受けニューヨーク公演。
2015年NHKFM「リサイタルノヴァ」出演、2016年アルゼンチン・ロサリオでの音楽フェスティバルにゲスト出演。
2017年から洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース科バンドネオン講師。
その他テレビ、ラジオ、新聞などメディアにも出演多数。国内でも著名バレエダンサー、歌手、タレントのサポートなど様々なフィールドで活動中。

 

DJユニット【姐さんの使いっぱ】

多様な音楽に精通のあるバンドネオニスタ並木恵の作るコルティーナに、ブエノス・アイレス帰りの本場仕込のミロゲーロ Kenが選曲を担当。

30〜40年代のトラディショナルクラシックなタンゴを中心に、『踊る』ことにこだわった「ミロゲーロスによるミロゲーロスのためのDJ」をお楽しみ下さい。

 

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ