タンゲーラニュースVol.267

2019.3.19
タンゲーラメーリングリストご登録のみなさま

いつもご愛読いただきありがとうございます。

街角でも桜を見かけるようになりました!
東京での桜前線到着は21日、とのことですが、
どうなるでしょうか?楽しみですね(^^)
桜といえば、ぜひやってみたいことがあります。
舞い散る桜の下で野外ミロンガをやってみたいのです。
とっても楽しそうだと思いませんか?
ただ、公共の場所を使うので実現するまでのハードルも
たくさんありそうです。
タンゴがもっと普及して、そういった野外でのイベントも、
待ちゆく人に受け入れられるようになっていくといいですね。
【目次】
1,今週・来週のスペシャル
2,休講・代行のお知らせ
3,KaQのタンゴへの道

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1,今週・来週のスペシャル
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆3/21 11:30-映画『ミロンゲーロス上映会』
春分の日も上映会、あります!
◆3/21 14:00-午後ミロンガ春分の日Special Live【Live:Tango Rosa DJ:エステバン】
銀座の午後、タンゲーラで素敵なひとときを♪
ミロンガ前レッスンは13時10分から利幸&なおこ。
タンゴローサの生演奏で踊れます。
◆3/22 20:30-Ernesto&Paolaサヨナラ Milonga【Demo:Ernesto&Paola】
花の金曜日をタンゲーラのミロンガで。
ミロンガ前レッスンはR&L。
4月で帰ってしまうエルネストたちのサヨナラミロンガです。
◆3/24 12:00-GYU3時間スペシャル

3時間の集中レッスンでミロンガで踊れるようになりましょう!

GYUによる3時間の集中レッスン!
◆3/25 20:30-Monday Milionga【DJ:Ville Hiltura】
月曜のミロンガといえばタンゲーラ!
週の始めからミロンガで楽しく過ごしましょう♪
ミロンガ前レッスンはMarcos&Selene!
DJはヒルトゥラ!
★☆★☆3月の予定★☆★☆
・3/14 ホワイトデーミロンガ
・3/15 ホワイトデースペシャルGYU&Deguchiデモ
・3/21 映画『ミロンゲーロス』上映会&午後ミロンガ祝日SP
・3/22Ernesto&Paolaさよならミロンガ
・3/24GYU3時間SP

イベント詳細は→http://www.studio-tanguera.com/category/news/event/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2,休講・代行のお知らせ
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆KaQのタンゴへの道 「タンゴの曲を紹介⑤La Cumparsita」

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
本日はタンゴofタンゴのこの曲を紹介します。
『La Cumparsita』
Music: Gerardo Matos Rodríguez
Cumparsitaというこの言葉は、
Comparsa=仮装行列という言葉が変形して“小さい”という意味が付加されて
いるそうです。
作曲者はウルグアイ人のヘラルド・マトス・ロドリゲス、
ただし彼は工科大学の学生でこの曲はピアノ一本で作曲したそうです。
この曲が世にでるようになったのは、
ロドリゲスの父親がキャバレーの経営者だったのでそこで知り合いだった
音楽家に楽譜を書いてもらって演奏してもらったことから始まります。
タンゴの巨匠ロベルトフィルポがこのキャバレーに仕事で来たときに、
この楽譜を使って演奏するように頼まれ、フィルポが少し編曲をしました。
この曲に対して、更に数年後エンリケ・マローニとパスカル・コントルゥシ
という二人の作詞家が歌詞をつけたところ大ヒット!
あのカルロス・ガルデルがこれを歌ったレコードを出し、
カナロが録音、ロムートも録音、、、という風に、
様々な楽団の演奏でレコードが発売されました。
そしてカナロがフランス公演を成功させた後に、
最初の作曲者マトス・ロドリゲスがこの曲のメロディーが自分で作ったもので
あることに気づき、自分の権利を主張しました。
ここからは著作権を巡る争いが20年にも及んだそうです。
しかしながら、『La Cumparsita』のメロディーとリズムは
たくさんの人に愛され、今に至っています。
アルゼンチンでも愛されている曲ですが、
ウルグアイ人が作曲し、ウルグアイにとっても第二の国歌と呼ばれるほどに
愛されています。
フレセド・ビアジ・ダリエンソ・ドナート・ディサルリ・トロイロ,,,etc
たくさんの楽団のバージョンがあり、ミロンガで耳にするクンパルシータも
その度に違うかもしれません。
そんなオルケスタごとの個性を楽しむのもタンゴの魅力の一つですね♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Studio TANGUERA Staff

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-7同郷会館ビル6F
STUDIO TANGUERA

TANGOxTANGO株式会社
Tel&Fax:03-3547-6190
website : http://studio-tanguera.com
mail : kaq@tanguera.sakura.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ