タンゴを踊る時、なぜ相手の音楽を聴かなければいけないのか?

タンゴの音楽性を
多様化するためにどうするべき?

タンゴはミュージカリティーはとても大事です。
踊る上で、ステップを楽しむこともできますが
よりタンゴを楽しくするのは音楽を楽しむことです。

ミロンガは3時間から5時間くらいが通常行われます。
曲数にすると70曲から120曲くらい
タンゴの音楽がかかります。

同じ日に同じ曲は通常かかりません。
音楽、一つ一つに踊りがあるとすれば
音楽に合わせて 違うタンゴが踊れます。

しかし、踊りがマンネします。
男性は違う音楽なのに同じ音取りと
同じようなステップ。
女性は違う相手なのに同じアドルノや動き
打破しようとしてもなかなかできません。

その時にどうするか?

解決方法を自分にもとめるのではなく
相手に求めてみてはいかがでしょうか?

それは 相手の音楽を聴くです。
そうすることにより

音楽の幅がグンと広がります。

その広がり方は
天文学的な数字になるにちがいません。

自分一人の音楽性は
音楽の数 X 自分

相手の音楽性を主にすると
音楽の数 X  相手の数

広がりましたか?

これには別ないい効用もあります。
意識が相手に働くことは
ステップが大きくならず
危険にもなりません。

女性も自分で踊るのではなく
相手に踊らせてもらうことによって
よりタンゴに余裕が出てきます。

いかがでしょう?

早速ミロンガで試してみてください。

GYU

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ