タンゴを踊る時に、なぜ姿勢が重要なのか?

姿勢が一番重要

タンゴを踊る時に何が一番重要か?
それは姿勢です。

どうしてか?というと
タンゴの踊る行為はいつも
その人の身体から行います。

ですので、建物でいうと
姿勢が建物の基礎になります。

料理では素材です。

基礎が悪かったり
素材が悪かったり腐っていたりすると
同じ行為をしても
まったく違う物が出来上がります。

タンゴでも踊る時に姿勢が悪いと
その先にあるものがその「悪さ」がでます。

私は日本舞踊を習ってますが
姿勢が乱れると、足元も乱れ、扇子も乱れます。

姿勢は流れであり習慣性のもの

姿勢は「流れ」ともいいます。
淀みない流れはパフォーマンスが高い動きにつながります。
流れが悪いとパフォーマンス力は落ちます。

その姿勢は習慣性でできています。
ですので日頃の姿勢を注意しましょう。

身につけるには多くの時間が必要です。
多くの時間はコップに水をためるようなものです。

水が満杯になるまで貯めないと水はこぼれてきません。
水を貯める行為が日頃の練習、水が姿勢にアクセスする時間です。

ぜひ 日頃も姿勢をチェックしてみましょう!

GYU

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ