くびれを作る – タンゴ効果【3】

GYUのタンゴコラム

オーチョ

タンゴは多くのことがシナジー効果として現れます。
今回は「くびれを作る」です。

 

「くびれを作る」動きは「オーチョ」という動きです。
この「オーチョ」は数字の「8」の意で8の字みたいに歩くステップです。

 

動く順番は上半身(肩甲骨)から動き、下半身(腰)が連動して動きます。
この時、上半身の動きと下半身に「捻れ(ねじれ)」の状態が発生します。

この捻れがくびれを作ります。

画像はオーチョする前の上半身の動き、上半身と下半身はそれぞれの方向を向いている。

 

 

オーチョの種類

タンゴではこのオーチョの動きを多用します。
種類は前歩きの時に行う「前オーチョ」と、後歩きの時に行う「後ろオーチョ」があります。

 

練習方法

練習方法はリズムに合わせてリズムカルに。
メロデイーに合わせて、ゆっくりと。

そして速いリズムに合わせて早くと、幾つかの動かし方を練習します。
そしてこの動きの練習は「必須」です。

捻じれの動きは体幹も鍛えます。

捻じれから生まれる腹圧により深層の筋肉まで響き、体が引き締まり、動きがシャープになります。

男性も同じ動きをしますので練習後はお腹周りがすっきりします。

Fruits of TANGO
Fruits of TANGO

 

Fruits Of TANGOとはタンゴを踊ることによって生まれる「シナジー効果」

 

 

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ