No.74 気候の変化も人の心も!

ブエノスアイレス ニュース

ブエノスアイレス・ニュース No.74   2018年5月20日

気候の変化も人の心も!

このところ雨が続いているブエノスアイレスですが、気温がグッと下がり冬の到来を感じさせてくれています。今回は、5月に入ってからの気候について詳しく書いてみようと思います。

 

 

さて、ここに2018年5月のブエノスアイレスの日毎の最高・最低気温のグラフがあります。ご注目頂きたいのは、5月14日と15日の最低気温です。14日に一旦平均を大きく上回ったかと思いきや、15日には、あっさりと平均を下回ってしまいました。温度差にして9度です。この激しい気温の変化が、冬の到来となった訳です。そしてこの日を含め前後6日間は、晴天が続きました。(その後は、また雨ですが)以上のように雨天(生暖かい雨)が続き、一旦晴天になり気温が急激に変化して、また雨天(冷たい雨)になるというのが、ブエノスアイレスでの冬の始まり方です。ただ、以前は、4月中に起きていたこの現象が5月になったというのは、地球温暖化の影響でしょうか?興味深いところです。さらに今後27日には、20度を越える予報が出ているのも、気になります。

気温の変化が激しい時期は、体調を崩す人が多く、巷では風邪が流行っています。ミロンガに行っても咳き込んでいる人や、踊りに誘ってみると声がおかしかったりと風邪をもらってしまいそうなことがたくさんあります。ブエノスアイレスでは、日本と違いマスクをつける週間がないので、その危険性はさらに高くなります。私は、防衛策としてハチミツレモンショウガ湯をたくさん飲んでいます。抵抗力を上げてなんとか乗りきろうと思います。

また、ブエノスアイレスでは、気温の変化が激しいのと同様、人の心も時には激しく憤るようです。先週ミロンガに出掛けた時に、グランミロンゲーロ同士の喧嘩に遭遇しました。名前は控えますが2人ともブエノスアイレスでは、有名なミロンゲーロです。きっかけは踊っている最中の接触と思われます(その時、私も踊っていたので、確認できませんでした)。一人は、殴られたようで顎から血を流していました。2人とも名の有る人なので、かえって引くに引けない状態が生まれたのではないかと思いますが、もっと平和に楽しんで、他の人の見本になるように心がけて欲しいものです。折角の楽しい雰囲気が、一変してしまったことは大変残念なことだと思いました。もし私が接触した場合等は、自分に非があるなしに関わらず、まず謝ることにしています(殴られるのもいやですし、長い物に巻かれるタイプなので)。これも、ブエノスアイレスのミロンガで、楽しく過ごすコツかもしれません。

 

ブエノスより

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ