扇子がパートナー!?

日本舞踊の稽古中の発見がありました。
その時に稽古着も扇子も忘れ
先生の古い扇子を借りてお稽古。

踊りは先生の踊りを見よう見まねで
覚えていく。慣れない動きは何度も失敗を繰り返す。
今回、だいぶ動きになれたので扇子に意識をおいたら
びっくりなことが起こりました
それは意識を置いた
扇子が動く方向を教えてくれるのです!
次の動きや方向性、角度など。扇子に導かれるように
スゥーとその次の動きができる。
びっくり!!!! そして感動!!!
この時扇子とデゥエットでおどっているような感覚になりました。
それは
扇子とタンゴを踊っている!

いい感じに的まとまりました。 笑

よく踊りは中心からや軸から手や足を動きなさいといいます。
タンゴも然りです。しかし末端の手足先を意識すると踊りが

見えたりクリアな動きになってきます。
タンゴのレッスンでも 末端の手足から中心を
コントロールすることをレッスンでも教えてます。
指先の感覚、足先の感覚。感覚は鋭ければ鋭いほど強くなる。
手足足先も大事にしよう!
GYU
お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ