アルゼンチンタンゴの世界へようこそ!

アルゼンチンタンゴとは?

アルゼンチンタンゴのダンスとは?

男と女が創りだす深遠なペアダンスです。

アルゼンチンタンゴのダンスは、諸説ありますが、約130年前にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスの港町ラ・ボカ地区で生まれたと言われています。現在、世界無形文化遺産として登録されています。

当時、スペインやイタリアから多くの移民が新しい世界を夢見てアルゼンチンに移住してきました。
しかし、実際には移民のほとんどは貧しい暮らしを強いられ、そのフラストレーションのはけ口として 酒場で歌い、また男同士で荒々しく踊ったのがタンゴの始まりだといわれています。その後、娼婦などを相手に踊られるようになり、男女で踊る現在の形が確立されました。

このように貧民街のダンス音楽として生まれたタンゴですが、1900 年初めにパリの社交界で大流行し、世界中のダンスホールで踊られるようになりました。

男性女性のペアが主流ですが、世界各地で男性同士や女性同士で踊る姿もときどき見られます。

アルゼンチンタンゴの魅力は?

男性が女性をエスコートするようにリードし、女性がそれを身体全体で受け応える、それはまるで会話をしてるかのようです。アルゼンチンタンゴのダンスは、ショー向けなど決まった振り付けのダンスもありますが、プロもアマチュアも楽しむミロンガ(タンゴのダンスパーティー)で繰り広げられるダンスは、即興で、基本のステップはいくつかあるものの、その組み合わせやパターンは無数で、相手と創造していくところが魅力と言えます。言葉がなくても通じあえる、それがアルゼンチンタンゴの特徴でもあります。

また、アルゼンチンタンゴのダンスは、相手を気遣うエレガントさが最も大切にされているとも言えるでしょう。
「アブラッソ(抱擁)」と呼ばれるホールドを組んだ男女が、リードとフォローで繰り広げられるダンスの中で、情熱的な音楽に自己の世界を表現する大変美しい踊りです。

無数のストーリーが展開される男と女の織りなす物語、それが老若男女問わずタンゴの魅力に引きつけられる所以かもしれません。

アルゼンチンタンゴってどうやって踊るの?

まず、お互いに息を吐いて呼吸を合わせてリラックスして、二人でアブラッソを組みます。

アブラッソとは、スペイン語で「抱擁」を意味します。

このアブラッソを組んだ状態で、二人で前や後ろや横に動いてみましょう。
それが歩きになって、徐々に複雑になっていきますが、ただ二人で前後に歩いてるだけでも非常にエレガントなダンスです。

一見、足を複雑にからませ難しいダンスにみうけられますが、運動能力を競い合うようなダンスではなく、運動が苦手な方も、音楽が苦手なかたでも、相手と息を合わせることで、様々な動きができるようになります。

他のジャンルのダンスの経験のある方は、きっとタンゴには素晴らしい新たな発見が、また、経験ある踊りの中に新たな発見をすることがあるでしょう!

踊る時のマナーと注意点

アルゼンチンタンゴは、相手と至近距離で踊るダンスです。
清潔感や好印象を持ってもらうために、身だしなみを整えましょう!匂い(口臭、体臭)は特に気をつけましょう!ニンニク臭かったり、汗臭いと素晴らしいダンスも一瞬で台無しになります。
相手への敬意、気遣い、エレガンス、を大切にします

まずは体験してみましょう!

アルゼンチンタンゴは、どなたでも楽しむことができるダンスです。
服装は、まずは清潔で動きやすいスタイルで大丈夫です!
靴は、まずは脱げにくい靴で大丈夫!
女性は踵があるストラップ付きをおすすめします。
男性は革靴、運動靴でも構いません !
ちょっとやってみたいな、と思った方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
03-3547-6190
体験申し込み・お問合せ